ジュニアNISAの非課税期間はいつまで?

TOP
基本情報
Q&A
コラム
証券会社
TOP > Q&A > ジュニアNISAの非課税期間はいつまで?期間が切れた後の口座内の資金はどうなる?

ジュニアNISAの非課税期間はいつまで?期間が切れた後の口座内の資金はどうなる?

2016年現在、子どもが10歳です。子ども名義でジュニアNISAを開設しようと考えていますが、非課税の優遇はいつまで受けられるのでしょうか。

また、現時点で10歳なので、非課税枠が利用できる5年間を経過しても、払い出し年齢となる18歳には達しません。

そうした場合、口座内の資金はどうなるのでしょうか。

ジュニアNISAの継続期間は2023年までの八年間です

ジュニアNISA制度の継続期間は現時点で2016年から2023年までの8年間と定められています。

ただし、新しい制度なので、需要が高まれば今後、制度が期間限定でなく恒常化することもおおいにありえます。

おっしゃる通り、NISAで非課税枠(1人当たり年間80万円)を利用できるのは5年間ですが、ジュニアNISAの場合、災害などの特別な場合を除いて、子どもが18歳になるまで払い出しができません。

期限後も資金の保有はできますので焦って引き出さないように注意

「高校3年生(18歳の年)の1月1日よりも前の期間」に引き出すと、利益に課税されてしまい、NISA口座のメリットがなくなってしまいます。

その際は、5年後に時価で課税未成年者口座に移すか、翌年の非課税枠(80万円)を活用して限度内で非課税での保有を続けることが可能です。

2023年に子どもが二十歳になっていない場合

この質問者の方のケースにはあてはまりませんが、2023年の時点で子どもが20歳になっていない場合はジュニアNISAで運用していた資金は、「継続管理勘定」という口座に移し、20歳まで非課税で保有することができます。

ただし、継続管理勘定では新たな投資はできません。

証券会社や金融機関で実施しているジュニアNISA口座獲得キャンペーン

ジュニアNISAの口座開設申し込みは2016年1月から、実際の取引は4月以降となります。

ジュニアNISAでの口座獲得に向けて、証券会社など各金融機関はキャンペーンを開始しています。

キャンペーン内容は、「ジュニアNISA口座の株式手数料」「株・投資信託の取引手数料キャッシュバック」「国内株式ネット取引手数料」といった特典が多いようです。

証券会社によっては親の口座開設が条件になります

ただし、証券会社によっては、親も同じ会社内に口座を開設している必要がある場合もあるので、注意が必要です。

ジュニアNISAは子ども名義での口座ですが、実際的には両親や祖父母が資金を提供して運用をすることになるので、両親と同じ証券会社内に口座を開設したほうが、なにかと便利になるかもしれませんね。

関連する他の記事

ジュニアNISAに確定申告は必要ありません!
ジュニアNISAでは株の投資や投資信託において非課税での取引を行うことが出来るため確定申告などが必要あ…
ジュニアNISA口座は未成年なら誰でも作れるの?
ジュニアNISAは日本に住んでいる未成年であれば誰でも開設することができます。実際に未成年の子たちがジ…
ジュニアNISAは生前贈与として活用しましょう!
ジュニアNISAは相続税における節税対策に役立つ生前贈与として利用していくことが出来ます。しっかりとし…
ジュニアNISAの仕組みって一体どうなってるの?
ジュニアNISAはどのような仕組みになっているのか、なんのためにできたのかなど分かり易く解説していきま…
ジュニアNISAのQ&A
ジュニアNISAは、年間80万円までの非課税投資枠を得ることができる非常におトクな制度です。大事なお子様のためにジュニアNISAを活用した学費の投資を利用すると考えたら、制度の細かい部分も理解しておきたいところです。
そこで、この“ジュニアNISAのQ&A“では、「学資保険とどちらがおすすめ?」「証券会社を選ぶ基準は?」などといった、ジュニアNISAの制度に関するよくある質問にお答えしていきます!ジュニアNISAの概要を見ても分からなかったこと、少しでも疑問に思ったことがあれば、こちらを参考にしてください。