楽天証券の特徴

TOP
基本情報
Q&A
コラム
証券会社
TOP > 証券会社 > 楽天証券のジュニアNISA口座の特徴とは?

楽天証券のジュニアNISA口座の特徴とは?

楽天証券LOGO

未成年者が対象の ジュニアNISAが2016年からスタートします。

ジュニアNISAは大人版NISAとは異なり、一度口座を作ると他の金融機関への変更ができないので、口座を開設する際には慎重に選ぶ必要があります。

ジュニアNISAの口座開設で後悔しないためにも、証券会社の情報をできるだけ集めておきましょう。

どの証券会社を選ぶべきか情報が欲しいという方のために、今回は業界最大手と双璧を成す楽天証券の特徴について解説していきたいと思います。

楽天証券の特徴とメリットは?

楽天証券はトレーダーに必要な各種投資商品が全て揃っている国内最大クラスの証券会社です。

ここまで取引きできる商品が豊富な証券会社は、楽天証券の他に SBI証券マネックス証券のみです。

また楽天グループの証券会社であるため、他の楽天サービスとの連携で他の証券会社には無い優待サービスを受けることができます。

中長期での投資を行うジュニアNISAとも、安定感の高い楽天証券となら相性も非常に良いと言えるでしょう。

◆楽天証券のメリット

楽天証券は国内株式/ETFの売買手数料海外株式/ETFの買付手数料がともに無料中国ETF売買手数料が最安値なので投資のコストも最小限に抑えることが可能です。

この他にも楽天で投資信託を保有しているだけで、楽天スーパーポイントをもらうことができます

他の証券会社よりも高還元とは言い難いですが、他ではポイント還元の対象とならない低コストインデックスファンドもポイント対象となるので、最安ファンドの買付を行うなら楽天証券のほうが他の証券会社よりも好条件であると言えるでしょう。

楽天証券で取り扱いしている金融商品

【取扱商品一覧】
1・国内株式(制度信用/一般信用/IPOなど)

2・投資信託

3・債券(国内債券/外国債券)

4・外国株式
(※アメリカ/中国 /インドネシア/シンガポール/タイ/マレーシア)

5・デリバティブ(FX/ワラントなど)

6・金

楽天証券は取り扱っている商品の種類が豊富で、口座があればほとんどの商品を取引きすることができます。

需要が高まっているの取り引きにも注目していきたいですね。

楽天証券での取り引きなら銀行のように取り扱い商品の選択肢が狭くて困ってしまうということはないはずです。

また楽天証券は<マーケットスピード>という高機能なトレードツールを無料で利用することができます。

証券会社一社のみで取引がしたいという方であれば、商品の取り扱い数が豊富で無料の高機能トレードツールが利用できる楽天証券がお勧めです。

楽天証券のジュニアNISA口座開設までの流れ

1・ジュニアNISA口座開設の申し込みをする

2・必要書類を提出する
・口座開設書類に必要事項を記入しマイナンバー/本人確認書類などの書類を返送します。
・同時に未成年口座の開設手続きも行います。

3・口座開設完了

関連する他の記事

ジュニアNISAの申し込み方法をわかりやすく解説!
2016年から始まったジュニアNISAの口座開設はどのようにしていけばいいのかという疑問を解決!気になるジ…
SBI証券のジュニアNISA口座の特徴とは?
この記事では業界内最大手のSBI証券についてご紹介したいと思います。ジュニアNISAを取り扱っている証券…
カブドットコム証券のジュニアNISA口座の特徴とは?
この記事では投資初心者にもおすすめの証券会社とされるカブドットコム証券についてご紹介したいと思いま…
ジュニアNISAの口座開設で知っておくべきポイントとは?
ジュニアNISAでは慎重に証券会社を選ぶことが大切です。未成年者が対象となるジュニアNISAの口座開設を検…
ジュニアNISAのQ&A
ジュニアNISAは、年間80万円までの非課税投資枠を得ることができる非常におトクな制度です。大事なお子様のためにジュニアNISAを活用した学費の投資を利用すると考えたら、制度の細かい部分も理解しておきたいところです。
そこで、この“ジュニアNISAのQ&A“では、「学資保険とどちらがおすすめ?」「証券会社を選ぶ基準は?」などといった、ジュニアNISAの制度に関するよくある質問にお答えしていきます!ジュニアNISAの概要を見ても分からなかったこと、少しでも疑問に思ったことがあれば、こちらを参考にしてください。