SBI証券のジュニアNISA口座の特徴

TOP
基本情報
Q&A
コラム
証券会社
TOP > 証券会社 > SBI証券のジュニアNISA口座の特徴とは?

SBI証券のジュニアNISA口座の特徴とは?

SBI証券LOGO

2016年よりスタートする ジュニアNISAは未成年者向けのNISAです。

非課税で運用することができるジュニアNISAですが、同時に未成年者が18歳になるまで引き出せないなどのデメリットも備えています。

またジュニアNISAは一度取引した金融機関を変えることはできません。

取り扱っている証券会社にもそれぞれの特徴がありますので、どの会社で口座を開くべきか慎重に選ぶことが大切です。

ジュニアNISAの取り引きで後悔しないために、今回は業界最大手の規模を持つネット証券会社 SBI証券の特徴について解説していきたいと思います。

SBI証券の特徴とメリットは?

業界最低水準の手数料を誇るSBI証券最大手ネット証券です。

取り扱う金融商品の種類も豊富でジュニアNISAや大人版NISAとの相性も抜群に良いと言えるでしょう。

商品数/低コストな手数料/便利な発注機能など投資家に必要なものは一通り揃っており、初心者から長期投資家まで全ての投資家のニーズに応えることができるサービスの充実度は圧倒的です。

どこの証券会社にしようかと思ったときには、まずSBI証券にしておいても問題ないでしょう。

ではSBI証券でジュニアNISAを利用する場合どのようなメリットがあるのでしょうか。

◆SBI証券のメリット

SBI証券では2016年4月1日から12月30日まで、ジュニアNISAの売買手数料が無料となっています。

またSBI証券は未成年口座でIPOが当選した場合、ジュニアNISAでのIPO購入が可能です。

SBI証券はIPOの取り扱いが多いので、ジュニアNISAで利益を得ることができるのは大きなメリットです。

また落選してもIPOチャレンジポイントが1ptずつ授与されます。

このチャレンジポイントを貯めていけばいずれはIPOに当選することも可能なので、ジュニアNISAでの長期保有に向いています。

SBI証券で取り扱いしている金融商品

【取り扱い商品一覧】
1・国内株式現物

2・PTS取引(SBI/PTS)

3・単元未満株(S株)

4・IPO/PO

5・立会外分売

6・外国株式
(※アメリカ/香港/韓国/ロシア/ベトナム/インドネシア/シンガポール/タイ/マレーシア/海外ETF)

7・投資信託

8・債券


SBI証券のジュニアNISAでは大人版NISAのように上場株式/株式投資信託などに投資することができます。

毎月積み立てができる投資信託や、高確率で多くの利益を得ることができるIPO投資がジュニアNISAとの相性が良いのでお勧めです。

短期の金融商品や損失リスクが大きい商品は候補から外した方が良いでしょう。

できるだけ多くの利益を出すためにも、SBI証券のジュニアNISAでは商品の中でなるべく損失が出にくい商品に投資をすると良いでしょう。

SBI証券のジュニアNISA口座開設までの流れ

1・ジュニアNISAの資料請求をする

2・必要書類を提出する
・口座開設書類に必要事項を記入しマイナンバー/本人確認書類などの書類を返送します。

3・口座開設完了

※なおSBI証券のジュニア口座を開設する際には、父母いずれかのSBI証券の口座を作っておく必要があります。

関連する他の記事

マネックス証券でジュニアNISAを利用するには?
マネックス証券でジュニアNISA口座を作る際に知っておきたい申し込みの流れや注意点を解説します!幸先の…
ジュニアNISAの口座開設にはマイナンバーが必要?
ジュニアNISA口座開設に伴って必要となってくる書類はどのようなものがあるのかや口座開設に伴うキャンペ…
ジュニアNISA口座は未成年なら誰でも作れるの?
ジュニアNISAは日本に住んでいる未成年であれば誰でも開設することができます。実際に未成年の子たちがジ…
ジュニアNISAの口座開設で知っておくべきポイントとは?
ジュニアNISAでは慎重に証券会社を選ぶことが大切です。未成年者が対象となるジュニアNISAの口座開設を検…
ジュニアNISAのQ&A
ジュニアNISAは、年間80万円までの非課税投資枠を得ることができる非常におトクな制度です。大事なお子様のためにジュニアNISAを活用した学費の投資を利用すると考えたら、制度の細かい部分も理解しておきたいところです。
そこで、この“ジュニアNISAのQ&A“では、「学資保険とどちらがおすすめ?」「証券会社を選ぶ基準は?」などといった、ジュニアNISAの制度に関するよくある質問にお答えしていきます!ジュニアNISAの概要を見ても分からなかったこと、少しでも疑問に思ったことがあれば、こちらを参考にしてください。